心も身体も健やかに美しく、10年後の自分を愛するための情報を発信していきます。

  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

究極の幸せをみつける自由な女(じぶん)の生き方




美美Styleブログへのご訪問
ありがとうございます♡

美美Styleブログ管理人の成美です^^



私は以前から、このブログでも、
精神的自立と経済的自立の両方が揃って初めて、
本当の自立だという自論をお話ししてきました。


ですが、女性の経済的自立は、
現代でも非常に難しいのが現実です。


というのも、2012年に行われた
国税庁の調査によると、

男性の平均年収は502万円なのに対し、
女性の平均年収は268万円なので、
男女の収入には約2倍の差があります。


このことから考えると、
男女雇用機会均等法が制定されてから
約30年経った現在においても、
社会は女性が経済的に自立する
必要性を感じていなく、


女性は『家計の足し』程度に働けば、
それでいいという暗黙の意図が
あるのかもしれません。


ですが、現実の社会は晩婚化の傾向にあり、
独身の女性も少なくありませんし、
結婚しても離婚する女性が多いです。


それに結婚して、
例え旦那様の稼ぎで生活していたとしても、
我が家の様に、旦那様が怪我や病気で働けなくなったりすれば、
その時は妻が家計を支えなくてはいけません。



自分の食い扶持だけではなく、
一家を養うだけの収入を得る必要があるのです。

そう、当たり前のことですが、
女性だって働き続けなければ、
生きていくことが出来ないのです。



にもかかわらず、
日本は女性の非正規雇用の割合が54%と高く、
その割合は男性の2倍以上です。


なので、働く世代の独身女性の約5割は、
年収が200万円以下で、さらに3割強の女性は
年収が114万円未満、そのうち約30%は、
100万円未満の年収で生活は貧困状態です。


さらに、今現在正社員で働いていたとしても、
結婚や出産で一度今の職場を離れてしまうと、
残念ながら復帰困難なのが現実です。


そんな状況の中、
女性が経済的にも精神的にも自立するのは
非常に難しく、その道のりは険しいです。


なので。。。

「もうダメだ」

「どうせ私なんて。。。」

「私が悪いんじゃない、
 悪いのは社会や会社だ!」


そんな風に全てを投げ出して、
自暴自棄になり、夢を捨てて
しまいそうになった時、
手に取っていただきたいのが、


『究極の幸せをみつける
 自由な女(じぶん)の生き方』という本です。


20150928043108-crops.jpg



この本を書かれたのは、
私も尊敬している、大園麗華さんです。


大園麗華さんは、ほんの数年前まで、
『食べるのにも困る』生活の中、
2人のお子さんを抱えて産後うつに苦しみ、
それでも諦めずに経済的自立を目指した結果、


今では自身の会社を経営する傍ら、
女性の自立を応援する活動を
精力的にされています。


私も実際に何度かお会いしたことがありますが、
とても素敵な女性で、若き女性経営者でありながら、
初対面の人も瞬時にふんわりと包み込む、
不思議なオーラのある方です。


正直、私は実際にお会いするまで、
大園麗華さんに『ふんわり』というイメージは、
全くありませんでした。


苦労の末、若くして経営者にまで登りつめた彼女は、
きっとバリバリでキレキレな『切れる女』という
イメージだけを勝手に抱いていたので、

初めてお会いした時、
そのギャップに拍子抜けしたほどです。


そして、『どうしてあんなに穏やかで、
ふんわりとしたオーラをまとっているんだろう?』と、
不思議に思っていたのです。


なぜなら、小さなお子さんが2人いて、
会社の社長としてビジネスを展開する毎日は、
実際問題目の回る忙しさだと思いますし、

若くして成功者になった女性は、
普通の人の何倍も頭の回転が速く、
信念を貫き通す精神の強さが尋常ではありません。


それを前面に出さず、
初対面の人も分け隔てせず、
すんなりと自分の懐に包んでしまう。


そんな大園麗華さんのオーラや人柄が、
どこから生まれているのか?


そんな私の疑問は、
『究極の幸せをみつける
 自由な女(じぶん)の生き方』を読んで、
すんなりと解消することが出来ました。


この本は、大園麗華さんの様に、
人生を自由に強く美しく生きるための、
いわば辞書の様な本です。


そう、ビジネス書でもなく、
自己啓発本でもなく、
生きるための辞書です。


「こんな時どうしたら良いんだろう?」とか、

「私ってどうしてこうなっちゃうんだろう」とか、

「つらくて自分の目標を見失いそう!」と思った時に、


この本を開くと、
的確な答えがそこにはあります。


20150928043132s.jpg



ですから、経済的、精神的に自立したい女性はもちろん、
夢を実現させるために、日々精一杯生きている女性に
ぜひ読んでいただきたい一冊です。


私もこれから幾度となくこの本のページをめくり、
自分の人生を思いのままに生きるため、
頑張らず、戦わず、諦めずに、
毎日を大切に生き、


柳のようにしなやかで、
心身ともにタフな女性でありたいです。



【究極の幸せをみつける自由な女(じぶん)の生き方】⇒★



この記事が少しでも「ためになった」と思ったら、
ぜひページ1番下のボタンで「いいね!」と「シェア」をお願いします


スポンサーサイト

テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

Secre

ブロとも申請フォーム

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
おすすめ商品
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
逆張り仕組み
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。