心も身体も健やかに美しく、10年後の自分を愛するための情報を発信していきます。

  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食べたことをなかったことに!さらに脂肪を燃焼する強烈なパワー!!




美美Styleブログへのご訪問
ありがとうございます♡

美美Styleブログ管理人の成美です^^



ここ最近、自分の誕生日に職場の慰安旅行、
夫の誕生日に結婚記念日、さらに忘年会と
クリスマスパーティが立て続いていていて、
体重の増加が心配な毎日



そんな時に欠かせないのが、
カット&バーン


CIMG2606_convert_20130209135706_201412221139049ed.jpg




万年ダイエッターなのに、
食べたい時に、食べたい物を、食べたいだけ食べる私には、
決して欠かすことの出来ない頼もしいサプリメントです!


※どれだけ私が暴飲暴食の限りを尽くしているかは、
 こちらをご覧いただければお分かりいただけます➝★
^^;



まぁこれでも食べた物のほんの一部なんですが、
43歳という年齢で、マイカー通勤
1日中デスクワークをしているので、
運動は一切なし、さらにかなり基礎代謝が低いにもかかわらず、
体型維持できているのは、カット&バーンのお陰です!!



そのカット&バーンを、
定価7,200円のところ、
クリスマスセール期間中につき、
3,000円でお届けしています!


本日お申し込みいただきますと、
年内のお届けが可能ですので、
お正月太り対策にも間に合いますよ!!


あなたも是非、
今年のお正月はカット&バーンで
「太るのを気にしない」楽しいお正月をお過ごしください。



【今年はお正月太りなんて気にしない!】




最後までお読みいただき、
ありがとうございました^^



この記事が少しでも「ためになった」と思ったら、
ぜひページ1番下のボタンで「いいね!」と「シェア」をお願いします


Facebookページにポチっと「いいね!」を押して、
最新情報をいち早くチェック!
↓↓↓
【美美StyleFacebookページ】

ブログやメルマガとは全く違うことをつぶやいています!
お気軽にフォローしていただけると嬉しいです^^
↓↓↓
【美美Style Twitter】


スポンサーサイト

テーマ : 美容・健康・アンチエイジング
ジャンル : ヘルス・ダイエット

美美Style読者様限定クリスマスセール開催中!




美美Styleブログへのご訪問
ありがとうございます♡

美美Styleブログ管理人の成美です^^



今日は、美美Styleブログの読者様に、
日頃の感謝の気持ちを込めてプレゼントがございます!


じゃじゃ~~~ん!!



【美美Style読者様限定クリスマスセール】

キャプチャ




通常4,200円~16,800円の商品を、
全て3,000円でご提供させていただきます!!!


さらに!商品を2つご購入いただきますと、
あなたがお好きな商品を1つプレゼントさせていただきます。


ということは、6,000円で商品を2つ購入すると、
3つの商品が手に入るのです!


なので最大44,400円もお得なセールですよ!!



是非あなたもこの機会に、
ご自分のお悩みと向き合ってみてくださいね^^


【クリスマスセール会場はこちらです!】



この記事が少しでも「ためになった」と思ったら、
ぜひページ1番下のボタンで「いいね!」と「シェア」をお願いします


Facebookページにポチっと「いいね!」を押して、
最新情報をいち早くチェック!
↓↓↓
【美美StyleFacebookページ】

ブログやメルマガとは全く違うことをつぶやいています!
お気軽にフォローしていただけると嬉しいです^^
↓↓↓
【美美Style Twitter】


テーマ : 美容・健康・アンチエイジング
ジャンル : ヘルス・ダイエット

ルナルナ公認!子宮美人ヨガセラピスト仁平美香先生からのメッセージ




前回の記事では、
ヨガインストラクターの仁平美香先生の
『月経血コントロールヨガDVD』をご紹介させていただきました。


【月経血コントロールヨガを実際に見てみる!】






そこで本日は、
ブログの読者様から寄せられたご質問に、
仁平先生にお答えいただきましたので、
そちらをご紹介させていただきますね!



【月経血コントロール・PMS改善へのご質問】


Q:先生の月経血コントロールによるPMS改善の成功率を教えて下さい。

A:今のところ、きちんと練習していただいた場合、改善しなかった例はありません。


Q:効果が出るまでどの程度の時間がかかりますか?

A:PMSの改善でしたら2ヶ月目で効果があらわれる方が多いです。
  1ヶ月目で効果を実感される方もいらっしゃいます。


Q:効果が期待出来ないのは、どのような方でしょうか?

A:標準体型よりも極端に体脂肪率が高すぎたり、
  低すぎたりすると効果は出にくいかもしれません。

  またタバコを吸う方、冷たいもの、コーヒー、お酒をたくさん飲む方も
  効果が出にくいです。
  少しずつ減らしていけると改善に近づいていきます。


Q:先生が月経血コントロールヨガに出会ったきっかけを教えて下さい。

A:私も以前はひどいPMSに悩まされていて、
  生理前の過食、イライラがひどく自分が嫌いになっていました。

  体軸の理論を学ぶ中で、月経血コントロールの存在を知り、
  みるみる改善していくのが嬉しくて、たくさんの方にお伝えしたいと思いました。

  そこで皆さんが練習しやすく習得しやすい方法として、
  月経血コントロールにヨガを取り入れました。

  月経血コントロールヨガを学びに、
  今ではたくさんの方が当スタジオ(UTLリトリート)に来てくれています。

  日々の活動の様子は、ブログにアップしていますので、
  そちらもご覧いただけたら嬉しいです!

  【仁平美香オフィシャルブログ】



Q:月経血コントロールヨガを確立させるまでの失敗談を教えて下さい。

A:最初は私も締めることに注目ばかりしていました。
  
  月経血コントロールは緩めることと締めることのバランスが重要です。
  そのバランスを見つけるまでに苦労しました。


Q:月経血コントロール発見できて、嬉しかった体験をお聞かせ下さい。

A:ご紹介した方から「生理前過食がおさまりました。」
  「生理前と生理が始まった時、いつも頭痛がひどいのに
   最近ぜんぜん痛くないんです。」
  「1年くらいで出来るようになればいいなと思っていた月経血のコントロールが、
   3ヶ月目で出来てきました。」

  などのご連絡をいただいた時、とにかく嬉しいです。


Q:経血コントロールを確立させるまでにどのくらいの期間がかかりましたか?

A:東銀座tarekoyaで月経血コントロールのご紹介をはじめたのが、
  今から5年前になります。


Q:月経血コントロールはどのような方にお勧めですか?

A:PMSに悩む方だけでなく、生理痛に悩む方、スタイルがよくなりたい方、
  産前産後、加齢等により尿漏れに悩む方。

  布ナプキンを使って、エコに経済的に暮らしたい方。
  更年期障害に悩む方など、より自然で快適に過ごしたい全ての女性にお勧めします。


Q:月経血コントロールのデメリットを教えて下さい。

A:正しく実践すればデメリットはないのですが、まだ生理痛等が改善されていない時に
  早く良くなりたいと必死に頑張りすぎるのは、逆効果です。
  
  体調の悪い時はゆっくりお休みするのも、上達のポイントです。


Q:月経血コントロールを知った方はどんな反応をしますか?

A:トイレで月経血を出す?そんなことできるんですか?と
  目を丸くする方が多いです。

  でも現在90歳以上の昔の日本女性はみんな出来ていたことですし、
  現代の女性は環境や習慣により、その機能を忘れてしまっているだけのことなのです。


以上、仁平美香先生にご回答をいただきましたので、
ご紹介させていただきました。



いかがでしたでしょか?



生理の時の月経血を、トイレに行って排出すると聞くと、
とても難しそうだし、想像もつかないと思いますが、
やってみると案外簡単なんですよ!


それに生理期間も早く終わりますし、
なんといっても生理をわずらわしく感じることがなくなります!!


そして更に、生理痛がなくなって、
PMSまで改善できてしまうのですから、
挑戦してみないのは勿体ないですよね?


是非あなたも今すぐ実践して、
来月の生理でその効果を実感してください。



月経血コントロールヨガDVDはこちらからご確認頂けます。





それでは最後に、
仁平美香先生からのメッセージをお届けします。


私もPMSに何年も悩んできたので、PMSのつらさはすごくよくわかります。
PMS期間に理由もなく、苛立ってしまうことがなによりつらかったです。

月経血コントロールをはじめて、すぐにPMSが改善されただけでなく、
精神的に安定して姿勢もよくなり、レッグラインも整っていきました。

月経血をコントロールできるようになると、いままで憂うつだった生理期間が、
いつもの日常と変わらず快適に過ごせるようになります。

ナプキン代も1日1枚で十分になるので経済的ですし、
布ナプキンに変えればとってもエコです。

ネガティブなイメージしかなかった生理に対してとてもポジティブになりました。

生理は本来、決してわずらわしいものではありません。
女性にとって神秘的なものなのです。

月経血コントロールヨガに出会ったあなたが、
1日も早く快適な日々を送れるよう、
心から願っています。




最後までお付き合いただき、
誠にありがとうございました。


これまでお届けした情報が、
あなたのPMSや生理痛改善のお役に立てましたら幸いです^^



この記事が少しでも「ためになった」と思ったら、
ぜひページ1番下のボタンで「いいね!」と「シェア」をお願いします


Facebookページにポチっと「いいね!」を押して、
最新情報をいち早くチェック!
↓↓↓
【美美StyleFacebookページ】

ブログやメルマガとは全く違うことをつぶやいています!
お気軽にフォローしていただけると嬉しいです^^
↓↓↓
【美美Style Twitter】


テーマ : 美容・健康・アンチエイジング
ジャンル : ヘルス・ダイエット

あなたにも出来る!月経血コントロールの具体的な方法




それでは早速本日は、
具体的な月経血コントロールの方法について、
お話しさせてただきます。



月経血を自分でコントロールするためには、
まず、子宮と膣奥をゆるめて、膣口だけを引き締め、
さらに引き上げなくてはいけません。



肩や背中、両手足、それに身体の内部はリラックスさせて、
背骨に沿って膣口だけに力を入れて引き締めます。




この時に注意して頂きたいのは、
あくまでも、膣口だけを引き締めるという点です。




女性の股間には、
尿道・膣口・肛門と、3つの穴がありますが、
その中の膣口だけを意識して引き締めて下さい。




他のところに力が掛かってしまうと、
膀胱炎や便秘などを引き起こす可能性がありますので、
くれぐれも注意して下さい。



それと、身体や子宮を緩めずに、
ただ膣口に力を込めて月経血を止めようとするのも危険です!



かえって子宮を固めてしまう恐れがあり、
無月経や婦人病の原因になる可能性がありますので、
必ず全身と子宮を十分に緩めてから始めて下さい。




また、膣口を締めるためには、
骨盤底筋という筋肉を使います。




昔の女性は、正しい姿勢と日本の伝統的な暮らしの中で、
この骨盤底筋が発達していたと考えられています。


骨盤底筋がしっかりと働いていれば、骨盤底が支えになるため、
子宮を緩めることができます。


ですから昔の女性は、
月経血のコントロールが自然にできていたと考えられています。


ですが、骨盤底がたるみ、
腸腰筋をしっかりと動かせなくなった現代女性の身体は、
締めるという動作ができなくなってきています。



少々極端な話ではありますが、締めるという動作ができなくなると、
月経血だけではなく、尿や便まで止めておくことができなくなるということです。


なので、昔の女性には自然とできていた、
月経血を止める行為ができなくなり、更には尿を止めておくという、
当たり前のことまで出来なくなりつつあるのです!




その証拠に、あなたは最近、
尿漏れパットのCMをよく目にしませんか?




それも、以前のCMとは違い、
40歳前後の若くて綺麗なモデルさんが出演していますよね??


昔は尿漏れというと、
老人がなるものというイメージがありましたが、
現代は尿漏れの低年齢化が進んでいるからです!



とても信じられないかもしれませんが、
中には10代で尿漏れを経験する方もいるほどです!!




いくら綺麗なモデルさんが、
「尿がもれても安心」などと爽やかに言っていても、
安心している場合ではないのです。




月経血を子宮に溜めて、膣口を締める。

まず、この意識をしっかりと持つことが重要です。



それと、月経血コントロールを行うためには、
布ナプキンを使用するのも良いでしょう。


「汚したくない」という意識から、
自然とナプキンへ流れ落ちる月経血の量が減り、
トイレに行った時に流れる量が多くなります。



ちょっと想像してみて下さい。



人間は生まれた時は、
おむつの中に尿や便を排出するのが普通ですよね?



ですが、トイレトレーニングを始めて、
布のパンツを穿くことによって、尿や便は
トイレで排出するものという意識が芽生え、
自然とトイレで用を足せるようになるのです。


 
トイレトレーニングを行う小さな子供は、
意識して身体をゆるめたり、締めたり
するわけではありませんよね?


それでもきちんと、
トイレで排出をする習慣が身に着くのですから、
現代女性にできないはずがありませよね??



そう、溜めて止めるという意識をしっかりと持って、身体をゆるめ、
膣口を締めることができれば、自然と月経血コントロールは出来ます。




あとは、最初のうちは定期的に時間を見計らって、
トイレに行き排出する。


慣れてくれば、おしっこと同じように、
経血が溜まるのを感じられるようになりますので、
その時にトイレに行って排出すれば良いのです。




たったそれだけです!

簡単ですよね?





それでもなかなか感覚がつかめない。。。


骨盤底筋がしっかりしていないため、
子宮を緩め、膣口を締めるのが難しい。。。


そもそも骨盤が歪んでいるため、子宮の位置がずれていて、
子宮を緩めることができない。。。




そんな女性が大変に多かったため、
ヨガインストラクターでセラピストでもある、
仁平美香先生が月経血コントロールの方法を、
簡単なヨガにまとめました。

※仁平美香先生のプロフィールはコチラ➝★




月経血コントロールヨガは、
1日数分、簡単なヨガを行うことによって、
身体がゆるみ、骨盤が整い、骨盤をスムーズに開閉させることができるのです。



そのことにより、
月経血コントロールが可能な身体を取り戻すことができます。



月経血コントロールヨガは、今までヨガの経験がない方でも、
「私は身体が固いから…」と今までヨガに消極的だった方にも
実践していただける簡単なヨガです。



【月経血コントロールヨガを実際に見てみる!】






あなたも、この機会に月経血コントロールに挑戦し、
PMSや生理痛を改善したいあなたに是非お勧めです!




仁平先生の月経血コントロールヨガ【DVD】




最後までお読みいただきまして、
ありがとうございました^^



この記事が少しでも「ためになった」と思ったら、
ぜひページ1番下のボタンで「いいね!」と「シェア」をお願いします


Facebookページにポチっと「いいね!」を押して、
最新情報をいち早くチェック!
↓↓↓
【美美StyleFacebookページ】

ブログやメルマガとは全く違うことをつぶやいています!
お気軽にフォローしていただけると嬉しいです^^
↓↓↓
【美美Style Twitter】

テーマ : 美容・健康・アンチエイジング
ジャンル : ヘルス・ダイエット

なぜあなたは月経血コントロールができないの?!




前回の記事では、
昔の女性は月経血コントロールを自然に行っていた。
と言うお話をさせていただきました。



そこで本日は、昔の女性にはできていた月経血コントロールが、
なぜ現代女性にはできなくなってしまったのか?
というお話しをさせていただきます。




まず、現代女性が月経血コントロールができない1番の理由は、
「子宮に経血を溜めておく」という意識が全くないからだと思います。




それは、初潮を迎えた当初から、
機能的な下着や生理用ナプキンが普及していて、
経血は「垂れ流すもの」という認識しかないからです。





ですが、少し考えてみて下さい。



私達は生まれた時から、
おむつの中におしっこを垂れ流していましたよね?


けれど成長に従って、
トイレトレーニングを行い、
トイレでおしっこをするようになります。



そのためには、おしっこを膀胱に溜めておいて、
尿意を感じたらトイレに行き、排出する必要がありますが、
特に意識していなくても自然とできていますよね?



それと同じように、昔の女性は初潮を迎えると、
きちんと親からその方法を教えてもらっていたのです!



ですから特に意識をしなくても、
経血をトイレで排出することができたのです!!


095200.jpg



それに現代は、
昔と比べると生活様式も随分と変化しています。




昔は、『1日中デスクに向かって座りっぱなし』
などということもなったでしょうし、家事をするにも、
便利な電化製品など無い時代ですから、
毎日の生活の中で自然と体を動かします。




そのことにより、肩や首は凝りにくく、体も柔軟で、
内臓も柔らかく働きが活発になり、自然と子宮も柔らかく、
緩んでいる状態を保っていたのです。




そう、子宮が柔らかく、自然と緩んでいる状態でなければ、
意識的に子宮に月経血を溜めておくことはできないのです!




そのため現代女性は、
経血を生理用ナプキンに全て垂れ流しにしています。



ですから、現在の生理用ナプキンは年々大きくなり、
それに比例するかのように、婦人病やPMS、
生理痛も増加傾向にあるのです。




それに最近は、
鎮痛剤の種類がとても増えていると思いませんか?




生理痛に特化した商品も多くなり、
若いモデルを起用したCMもよく目にしますよね。


ですが本来、
健康な女性は生理痛など起こらないのが正常なのです。



それが現在では、ナプキンが巨大化し、
子宮筋腫や子宮内膜症などの低年齢化が進み、
不妊やPMS、生理痛で悩んでいる女性が多くなる一方です。




これでは、
女性の身体と未来が心配になってきてしまいますよね?!




そんな不安を少しでも取り除くためにも、
あなたもぜひ、月経血コントロール挑戦してみて下さい。



それでは明日はいよいよ、
具体的な月経血コントロールの方法について、
お話しさせていただきます。



最後までお読みいただきまして、
ありがとうございました^^



この記事が少しでも「ためになった」と思ったら、
ぜひページ1番下のボタンで「いいね!」と「シェア」をお願いします


Facebookページにポチっと「いいね!」を押して、
最新情報をいち早くチェック!
↓↓↓
【美美StyleFacebookページ】

ブログやメルマガとは全く違うことをつぶやいています!
お気軽にフォローしていただけると嬉しいです^^
↓↓↓
【美美Style Twitter】


テーマ : 美容・健康・アンチエイジング
ジャンル : ヘルス・ダイエット

あなたにも簡単に出来る月経血コントロール




前回のブログでは、『今日はは月経血コントロールの
具体的な方法についてお話しさせていただきます』と予告したのですが、


前回の記事をお読みいただいた読者様から、


「月経血コントロールって初めて聞きました!」

「とても難しそう。。。」などなど、


多くのご意見やお問い合わせをいただきましたので、
今回は予定を変更して、月経血コントロールについて
もう少し詳しくご紹介させていただきます。




あなたも、初潮を迎えた日から現在に至るまで、
「経血はナプキンで受け止めるもの」と思っていたのに、
それを突然、「経血をトイレで排出する」なんていわれても、
ちょっと想像がつかないですよね?!




ですが、少し考えてみて下さい。


日本女性がいわゆる「パンツ」という形状の下着を着用し始めたのは、
洋服の文化が流入してきた明治時代からです。


074426.jpg



それ以前の女性の下着は、
主に腰巻と言われるスカート状のものでした。




では、当時の女性は、
生理期間はどの様に月経血を受け止めていたのでしょうか?




そこで当時の女性雑誌などを調べてみると、
「月経帯」や「生理帯」と呼ばれる、
いわゆる「ふんどし」の様な下着が
紹介されています。



ですが、現代の一般女性の感覚からすると、
とてもじゃありませんが、ふんどしの様なものでは、
経血を受け止めることはできませんよね?



たとえその「月経帯」で経血を受け止めていたとしても、
現在のナプキンの様に日に何度も取り替えるわけではなかったでしょうし、
機能的な洗剤など無かった当時、一度経血で汚れてしまえば、
綺麗に洗濯するのはとても困難なことだと思います。




そのことを考えても、
月経帯はあくまでも「念のため」といったスタンス、


「うっかり漏れてしまった時に足に伝わるのを防ぐため」のもの
だったのではないでしょうか?




それに、生理用ナプキンが誕生したのは昭和36年頃です。


それまでは、
せいぜいちり紙や脱脂綿などで経血を受け止めていました。


生理を経験したことのある女性であれば
簡単に想像できると思いますが、通常の経血は、
ちり紙や脱脂綿などで受け止められるような量ではありませんよね?



その証拠に、現在の生理用品の売り場には、
大型のナプキンがとても多く売られてはいませんか?



その機能性を宣伝するために、サンプルが展示されていますが、
40cmを超える大きさの物もあり、
まるでおむつの様ですよね?




更には、ショーツ型で穿くタイプの、
おむつ型ナプキンまで売られています!




生理用ナプキンの開発は進み、
吸収力の良さを売りにしているにもかかわらず、
ナプキンはドンドン大きくなっているのです!!



それは、現代女性が生理の時に排出される経血を、
全てナプキンに垂れ流しにしているからです。



では、生理用ナプキンが開発された、昭和36年より以前は、
どの様に経血を排出していたのでしょうか?



それは、経血を子宮に溜めておいて、
トイレに行って排出する。



そう、月経血コントロールをしていたのです。




簡単に言うと、
おしっこを膀胱に溜めておいて、
トイレに行って排出するのと同じです。



ですから、生理帯やちり紙、脱脂綿を、
「念のため」当てておく程度で良かったのです。




現在95歳以上の女性は皆、
そのようにして月経血をトイレで排出していたのです。




とは言っても、
その当時の女性は特に意識して
月経血をコントロールしていたわけではありません。



あくまでも自然な形で、
トイレに行った時に排出していたのです。



それが自然の節理であり、
当たり前のことだったのです!




あなたも普段、
特におしっこを止めておく意識をしなくても、
トイレ以外の場所ではおしっこを排出しませんよね?



それと同様のことが、
月経血でもできてしまうのです!



ではなぜ、現代の女性には
月経血コントロールができないのでしょうか?




そこで次回は、
女性が月経血コントロールが出来なくなった理由について、
更に詳しくお伝えしたいと思います。




最後までお読みいただきまして、
ありがとうございました^^



この記事が少しでも「ためになった」と思ったら、
ぜひページ1番下のボタンで「いいね!」と「シェア」をお願いします


Facebookページにポチっと「いいね!」を押して、
最新情報をいち早くチェック!
↓↓↓
【美美StyleFacebookページ】

ブログやメルマガとは全く違うことをつぶやいています!
お気軽にフォローしていただけると嬉しいです^^
↓↓↓
【美美Style Twitter】


テーマ : 美容・健康・アンチエイジング
ジャンル : ヘルス・ダイエット

あなたのツライ生理痛やPMSは月経血コントロールで解消しましょう!




あなたはもしかして、
こんな経験はございませんか?



生理前になると、訳もなくイライラしたり、
かと思うと急に気持ちが落ち込んでしまったり。。。


さらに、食べても食べても、『何か食べたい!』という
過剰な食欲に襲われて、体重が増えてしまう。。。





この様なPMS症状でお悩みではありませんか?





また、毎月巡ってくる生理を
煩わしいと感じてはいませんか??





小まめにナプキンを取り替えていても、
モレてしまいそうで心配。。。


シーツが汚れてしまうかもしれないと思うと、
熟睡することもできない。。。




そう、例え健康な女性であっても、
毎月の生理にまつわるお悩みは本当に様々です。




さらにPMSは、
月経のある女性の
実に8割がかかっている病気です!




先程の問いかけに思い当たることがあれば、
もしかしたら、あなたもPMSなのかもしれません。



早速チェックしてみて下さい。



【PMSチェック診断】


*生理の前後4日間は特に体調が優れない

*生理前になると決まって過食気味になる

*生理前後はひどい腰痛に悩まされる

*生理前後は目が疲れやすい

*生理前後は頭痛や耳鳴りがする

*生理が始まると突然治まる症状がある
 (例:気分のイライラや落ち込みなど)

*出産を境にこれらの症状がひどくなった




上記の項目に1つでも当てはまった場合は、
PMSの可能性が非常に高いと言えます。




ですが、PMSの症状には個人差があり、
精神的症状、あるいは肉体的症状の一方だけが現れる方や、
どちらの症状も表れる方など様々です。


ですから、「どの症状が当てはまるからPMS」
「どの症状が当てはまらないからPMSではない」
とは一概には言えないのです。



病院でPMSの診断が下される決定的な理由は、
それらの症状が出ている期間なのです。


■PMS診断1:症状は過去2回以上の月経で見られている事

■PMS診断2:症状は月経前の時期にみられ、排卵以前に始まることはない

■PMS診断3:月経後、最低1週間は症状が完全に消えている




上記の3つ、全てに当てはまった女性だけが、
病院ではPMSだと診断されるのです。



それらの症状は、重い・軽い・痛みの強さ・精神状態の異常など、
人によって実に様々です。



ですから、誰かの話しを聞いて、
自分は特定した症状に当てはまらないからといって、
PMSである可能性を否定できるわけではありません。



なので、症状の出ている期間をしっかりとカレンダーでチェックして、
先程述べた期間に当てはまる場合は、きちんと改善に取り組まなくてはいけません。




そこで今回、PMS改善のためにお勧めするのが、
月経血コントロールです!




「月経血コントロールってなに?」



「そんなの聞いたことがない!」




という方が多いと思いますが、
月経血コントロールとは、経血を、おしっこをするのと同じように、
トイレに行った時に、便器に排出する方法です。


【月経血コントロールのPMS改善法を動画見る!】




そう、経血をナプキンに垂れ流すのではなく、
子宮に溜めておいて便器に排出するのです。



要するに、おしっこを膀胱に溜めておいて、
便器に排出するのと同じです。




それをすることによって、
生理中のわずらわしさから解放され、
経血がモレてしまう不安も解消することができるのです。




更に、PMSの早期改善や生理痛も緩和できてしまうのですから、
月経血コントロールは、とっても素晴らしい方法なのです。




是非あなたもこの機会に、
月経血コントロールに挑戦してみて下さい。




それでは、明日は月経血コントロールの具体的な方法について、
お話しさせて頂きます。




また明日お会いしましょう。


最後までお読みいただきまして、
ありがとうございました^^



この記事が少しでも「ためになった」と思ったら、
ぜひページ1番下のボタンで「いいね!」と「シェア」をお願いします


Facebookページにポチっと「いいね!」を押して、
最新情報をいち早くチェック!
↓↓↓
【美美StyleFacebookページ】

ブログやメルマガとは全く違うことをつぶやいています!
お気軽にフォローしていただけると嬉しいです^^
↓↓↓
【美美Style Twitter】


テーマ : 美容・健康・アンチエイジング
ジャンル : ヘルス・ダイエット

むくみは病気の一歩手前の症状です!




本日もブログにご訪問していただき、
ありがとうございます。



昨日まで、むくみを放置する怖さと、
むくみを毎日解消することの重要性をお伝えしてきました。



ですが、あなたはまだ、
むくみを放置する本当の怖さを
お分かりでないのかもしれません。



大切なことなので繰り返しお伝えしますが、
積極的な運動をせず、ふくらはぎのや下半身の
筋肉が動かない状態が続くと、ふくらはぎや下半身に、
血液とリンパ液が溜まります。



こうなると、静脈内部の圧力が高まり、
血管の外に血液の水分である「血漿(けっしょう)」を
沁み出させることで圧力を下げようとします。



これがむくみの第一原因です。



こうした足のむくみが慢性的な状態になると、
静脈に存在する血液の逆流を防ぐ弁を破壊し、
炎症を引き起こす原因になります。


弁が壊れると血液の循環がますます滞り、
炎症が発生すると細胞の外に血漿が漏れ出るため、
さらにむくみが激しくなります。


この様な状態を長い間放置してしまうと、
皮膚表面近くの静脈がボコボコと目立つ、
静脈瘤になったり、

皮膚に赤茶色く色素沈着が起こったり、

さらに進行すると皮膚潰瘍になってしまいます。


ですから、むくは放置せず、
毎日きちんと正しいケアをして、
その日のうちに改善するのがベストなのです。



【正しい方法でむくみをケアする】



一晩寝れば、朝には治っているというのは、
正しいケアでも、正しい静脈還流障害の予防でもありません。


21929a36fbf350d1fd3210b97cf99ff3_s.jpg




むくみは、その日のうちに、
就寝の前には改善するようにしてください。



その積み重ねが、下半身のサイズダウンや、
セルライトの解消にもなるのですから。



是非あなたも、
巡りがよく、健康で美しい体を取り戻してくださいね。



【巡りがよく健康で美しい体になる】




最後までお読みいただきまして、
ありがとうございます。


あなたのむくみケアのお役に立てれば幸いです^^



この記事が少しでも「ためになった」と思ったら、
ぜひページ1番下のボタンで「いいね!」と「シェア」をお願いします


Facebookページにポチっと「いいね!」を押して、
最新情報をいち早くチェック!
↓↓↓
【美美StyleFacebookページ】

ブログやメルマガとは全く違うことをつぶやいています!
お気軽にフォローしていただけると嬉しいです^^
↓↓↓
【美美Style Twitter】


テーマ : 美容・健康・アンチエイジング
ジャンル : ヘルス・ダイエット

むくみや下半身太り、セルライトを解消するための正しいマッサージ法




本日もブログにご訪問していただき、
ありがとうございます。



さて早速ではございますが、
今日は、むくみや下半身太り、
セルライトを解消するための
正しいマッサージ法をお伝えします。



そこでまず注意して欲しいのは、
力を入れ過ぎないということです!



よく、リンパマッサージというと、
グリグリと力を入れてマッサージするのを
思い浮かべると思うのですが、
それは間違いです!


というのも、エステサロン等では、
リンパマッサージの本来の目的である、
リンパ液と血液をスムーズに循環させることよりも、
そのことによる副産物である、
サイズダウンを目的としているので、
非常に強い力でマッサージをします。



ですが、むくみが常習化していて、
脂肪細胞の肥大化が進んでいる箇所は、
毛細血管が圧迫されて、血管壁が弱くなっています。


その、弱くなってしまった血管壁に、
強い力が加わると、内出血を引き起こしたり、
循環機能の更なる低下を招く恐れがあります。


また、ガシガシとやみくもにマッサージをして、
皮膚の表面に傷がつき、そこからばい菌が入って、
炎症を起こすケースがあります。



それに、昨日もお伝えしましたが、
リンパ管の途中には、体の各所に
リンパ節があり、リンパ節には人間の体の免疫系に対して、
重要な細胞が含まれています。


なので、グリグリと力を入れてマッサージをしてしまうと、
免疫系にまで悪影響を及ぼしてしまうのです。




ですから、くれぐれも力の入れ過ぎには
注意が必要です。



さらに、マッサージを行う方向と、順番が重要です。


というのも、リンパ管にはポンプが無いといいましたが、
リンパ液の逆流を防ぐための、半月弁があります。「


なので、マッサージを行う方向が逆になると、
リンパ液がスムーズに流れるどころか、
半月弁に負担が掛かり、損傷を起こす
可能性があるからです。


また、全身を巡ったリンパ液は、
必ずどこかのリンパ節を通り、
最終的には、首の付け根の頸部リンパ節を通り、
鎖骨の下の静脈角から静脈に繋がって、心臓に戻ります。


なので、マッサージを始める場所の順番が狂うと、
スムーズに心臓に戻ることが出来なくなるため、
必ず、正しい順番でマッサージを行う必要があります。


さらに、エステサロンや施術院で
リンパマッサージを行う時は、
あなたは横になって寝た状態で
リンパマッサージを受けます。


1af40001acafe9fa2f537d841edbb087_s_20141204131408794.jpg



ですが、自分自身でリンパマッサージを行う時は、
横になって寝た状態では出来ません。


なので、座る、もしくは立った状態で
リンパマッサージを行うことになりますので、
エステサロン等で受けるリンパマッサージとは、
マッサージを行う順番が違ってくるのです。



それらの全ての注意点を網羅した、
あなたご自身が、ご自宅に居ながら、
正しいリンパマッサージが行えるように、
その全てをDVDに収録いたしました。


【自宅で出来るセルライト除去リンパマッサージ】



正しいマッサージ法を、動画で収録してありますので、
あなたは、見たままを実践していただくだけです。


さらに、継続して続けていくと、
むくみを解消するだけではなく、
徐々にサイズダウンすることも可能ですし、
セルライトの除去にも繋がります。


あなたも今日から毎日のむくみを放置せず、
静脈還流障害、静脈瘤、皮膚潰瘍を予防し、
美しいプロポーションを手に入れてください!



【自宅で出来る正しいリンパマッサージ】



最後までお読みいただきまして、
ありがとうございました^^



この記事が少しでも「ためになった」と思ったら、
ぜひページ1番下のボタンで「いいね!」と「シェア」をお願いします


Facebookページにポチっと「いいね!」を押して、
最新情報をいち早くチェック!
↓↓↓
【美美StyleFacebookページ】

ブログやメルマガとは全く違うことをつぶやいています!
お気軽にフォローしていただけると嬉しいです^^
↓↓↓
【美美Style Twitter】


テーマ : 美容・健康・アンチエイジング
ジャンル : ヘルス・ダイエット

あなたのリンパ液は1分間に24cmしか進んでいない!




本日もブログにご訪問していただき、
ありがとうございます。




今日は、あなたの血液とリンパ液が、
どうして下半身や足に滞るのか?


その滞りを解消するためには、
どうすれば良いのか??




具体的な方法をお伝えします。




まず、なぜ血液とリンパの流れが滞るのか?




それは、動脈を流れる酸素や栄養を運ぶ往路(行き)の血液が、
心臓のポンプ作用で勢いよく全身に送り出されるのに対して、


全身を巡って老廃物を回収し、心臓に帰る復路(帰り)の静脈の血液を、
心臓に押し戻すためのポンプ作用が無いからです。



そのため、静脈を流れる復路(帰り)の血液は、
第二の心臓といわれる、ふくらはぎの筋肉、
その動きだけを頼りに心臓に戻ってくるのです。



リンパ液もそれと同様に、
リンパ管周辺の筋肉の動きだけを頼りに、
先へ先へと進んでいます。


とはいっても、毛細血管の様に細いリンパ管の中で、
あなたのリンパ液が進む速度は、
1分間にたったの24cmです!



ですから、重力の影響を受け、
二足歩行をする人間の体の中で最も下に位置する、
足や下半身に、老廃物を回収した血液や
リンパ液が滞り、むくんでしまうのです。



なので、最も簡単で効果的な解消法は、
ふくらはぎをはじめとする、下半身の筋肉を
絶えず動かすことです。



さらにマッサージをすることで、
よりスムーズに血液とリンパ液を
心臓に戻してあげることが出来ます。


b9835dd7002e29d4e20f906dba7292b0_s.jpg



ですが、ここで問題になるのが、
どの様なマッサージでも良い
という訳ではないということです。




というのも、リンパ管の途中には、
体の各所にリンパ節があるのですが、
リンパ節は人間の体の免疫系に対して、
重要な細胞が含まれています。


ですから、正しい知識を持たずにリンパを流すと、
とんでもないことが起こる危険性があるのです!



そこで、明日のメルマガでは、
正しく効果的なマッサージ法をお伝えいたします。

ぜひ明日のメルマガは忘れずにお読みになってください。



最後までお読みいただきまして、
ありがとうございました^^




この記事が少しでも「ためになった」と思ったら、
ぜひページ1番下のボタンで「いいね!」と「シェア」をお願いします


Facebookページにポチっと「いいね!」を押して、
最新情報をいち早くチェック!
↓↓↓
【美美StyleFacebookページ】

ブログやメルマガとは全く違うことをつぶやいています!
お気軽にフォローしていただけると嬉しいです^^
↓↓↓
【美美Style Twitter】


テーマ : 美容・健康・アンチエイジング
ジャンル : ヘルス・ダイエット

あなたの足がむくんで下半身が太くなる原因はこれだ!




本日もブログにご訪問いただきまして、
ありがとうございます。


早速ではございますが、
今日はあなたの足がむくむ原因について
お伝えいたしますね。



あなたが夕方になると足がむくみ、
下半身が太くなってしまう原因は、




血液とリンパの流れが滞っているからです!




5b580930a335bd5018d3312efc0d0a51_s_20141201144602697.jpg



「それくらい知ってるよ」という
あなたの心の声が聞こえてきそうですが、


あなたは、血液とリンパの流れについて、
ちゃんと考えたことはありますか?


ただ「下の方に悪い物が溜まるから」
その程度に考えてはいませんか??



その安易な考えが、
醜いセルライトが出来てしまったり、
静脈還流障害を引き起こしてしまうのです。



なので今日はじっくりと、
血液とリンパの流れについて
考えてみてください。



私達人間の体の中の水分は、
心臓を起点として勢いよく送り出され、
全身を巡って、また心臓に戻ってきます。


行きは、動脈を流れる血液として
心臓から勢いよく押し出され、
全身の細胞に栄養や酸素を運びます。


そして帰りは、各細胞から老廃物を回収して、
心臓に戻ってきます。


老廃物を回収するのは、
主に静脈を流れる血液の働きですが、
静脈に入りきらなかった老廃物は、
静脈に絡みつくようにして全身に張り巡らせれている、
リンパ管を通って心臓に戻ってきます。



この戻ってくるはずの、
静脈を流れる血液と、
リンパ管を通っているリンパ液が、
ポンプである心臓から最も遠いところ、

さらに体の中で、
もっとも重力の影響を受けるところに、
血液とリンパ液が滞るのです。




そこが下半身や足なのです。




なので夕方になると足がむくみ、
下半身が徐々に太くなっていき、
醜いセルライトが出来てしまうのです。




これが、あなたの足がむくんだり、
下半身が太くなる原因です。




では、どうして心臓から遠く、
重力の影響を受けるところで滞るのか?


滞らないようにするにはどうしたらいいのか??


さらには、脚を細くして、
セルライトを解消するにはどんな方法があるのか???



お伝えしていきますが、
少々長くなりましたので、
今日のところはこの辺にして、
続きは明日のブログでお伝えしますね。



それでは、明日お会いしましょう。


最後までお読みいただきまして、
ありがとうございました^^



この記事が少しでも「ためになった」と思ったら、
ぜひページ1番下のボタンで「いいね!」と「シェア」をお願いします


Facebookページにポチっと「いいね!」を押して、
最新情報をいち早くチェック!
↓↓↓
【美美StyleFacebookページ】

ブログやメルマガとは全く違うことをつぶやいています!
お気軽にフォローしていただけると嬉しいです^^
↓↓↓
【美美Style Twitter】


テーマ : 美容・健康・アンチエイジング
ジャンル : ヘルス・ダイエット

夕方になると足がむくむ。。。それは静脈還流障害の初期症状です!




美美Styleブログへのご訪問
ありがとうございます♡

美美Styleブログ管理人の成美です^^



突然ですが、あなたは夕方になると、
足がむくんで靴がきつくなったり、

ふくらばぎがパンパンになったりしませんか??


2405ef27878b078bf5a7cf56539f3b5f_s.jpg



「でもそれって普通じゃない?」


「それに朝になったら戻ってるし」




と思われるかもしれませんが、
夕方になると足がむくむのは、
静脈還流障害の初期症状なのです!



足がむくんでも、「朝になれば戻る」からといって、
そのまま放置してしまうと、静脈の先の細い部分に炎症が起き、
皮膚表面近くの静脈がボコボコと目立つ静脈瘤になったり、
静脈にある血液の逆流を防ぐための弁の機能が低下して、
静脈還流障害になってしまいます。


静脈還流障害が進行すると、
皮膚に赤茶色の色素沈着が起こったり、
皮膚潰瘍になってしまうのです。




なので、夕方になると足がむくむというのは、
病気の一歩手前だと自覚してください。




それに、むくみの自覚症状があるということは、
あなたは脚が太かったり、下半身が痩せにくかったり、
セルライトが出来てしまっているのではありませんか?



とうのも、足がむくむ原因も、
下半身が太くなってしまったり、
セルライトが出来てしまう原因も、
原因は一緒だからです。




ということは、
その原因を解消することが出来れば、
静脈還流障害を引き起こす心配もなくなりますし、
下半身太りとセルライトも解消することが出来るのです。




では、その原因が何なのか?




明日の記事でお伝えいたしますので、
明日も必ずブログをお読みになってくださいね。




それではまた明日お会いしましょう。



この記事が少しでも「ためになった」と思ったら、
ぜひページ1番下のボタンで「いいね!」と「シェア」をお願いします


Facebookページにポチっと「いいね!」を押して、
最新情報をいち早くチェック!
↓↓↓
【美美StyleFacebookページ】

ブログやメルマガとは全く違うことをつぶやいています!
お気軽にフォローしていただけると嬉しいです^^
↓↓↓
【美美Style Twitter】


テーマ : 美容・健康・アンチエイジング
ジャンル : ヘルス・ダイエット

ブロとも申請フォーム

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
おすすめ商品
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
逆張り仕組み
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。